厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)
日本医療研究開発機構(AMED)(難治性疾患実用化研究事業)
視覚聴覚二重障害の医療

厚生労働科学研究費補助金
(難治性疾患政策研究事業)
日本医療研究開発機構(AMED)
(難治性疾患実用化研究事業)
視覚聴覚二重障害の医療

「視覚聴覚二重障害の医療」ホームページの開設にあたり

視覚聴覚二重障害は「盲ろう」とも表現されますが、目(視覚)と耳(聴覚)の両方に障害を併せもつ障害のことです。視覚と聴覚は連携して情報入手やコミュニケーションに働いており、どちらか一方の感覚が障害されると残された方の感覚で補います。しかし、二重感覚障害ではそれが困難となるために、情報入手やコミュニケーションに著しい支障が生じます。視覚聴覚二重障害には、単独の視覚障害、聴覚障害に対する医療に加えて、二重感覚障害に専門的な医療が必要ですが、これまで確立していませんでした。

そのような状況の中で、平成29年から厚生労働省の支援により本医療の研究班「先天性および若年性の視覚聴覚二重障害に対する一体的診療体制に関する研究」が、そして平成30年からは日本医療研究開発機構(AMED)の支援による研究班「先天性および若年性の視覚聴覚二重障害の原因となる難病の診療向上に向けた、疾患横断的な全国多施設レジストリ研究」が立ち上がり、本医療への取り組みが開始されました。本ホームページでは、視覚聴覚二重障害の患者・医療者に役立つ情報をお伝えすることを目的に、上記研究班の成果を中心に公開いたします。

2018年10月
国立病院機構東京医療センター臨床研究センター
 聴覚・平衡覚研究部
研究代表者 松永達雄