厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)
日本医療研究開発機構(AMED)(難治性疾患実用化研究事業)
視覚聴覚二重障害の医療

先天性および若年性の視覚聴覚二重障害の原因となる難病の診療マニュアル(第1版)

福祉・生活支援

福祉との連携

視覚聴覚二重障害が生ずることで、その本人は以下の3つの困難や制約を複合して経験すると言われています。

(1)コミュニケーション身近な他者とのコミュニケーション、及びマスメディアを含めたあらゆる言語的情報の入手
(2)情報入手他者とのコミュニケーションや外部環境(周囲の状況)の把握にともなう言語以外の視覚的・聴覚的情報の入手
(3)移動戸外での歩行や交通機関を用いての移動

これらの視覚聴覚二重障害者が抱える困難を解消し、自立と社会参加を実現するためには、視覚・聴覚の残存機能の活用や代替手段の獲得のための「生活訓練」や「補助具・支援機器」、盲ろう者向け通訳・介助員派遣や同行援護等の「人的支援サービス」といった福祉に関する社会資源の活用が必要です。

視覚聴覚二重障害が生じることにより、単独ではこれらの社会資源についての情報が得られず、またサービスの利用までの手続きなどにも困難があり、結果として、「衣食住のみの支援を家族が行い、本人は家に閉じこもったまま生活を送る」といったケースも少なくありません。そのため、医療と福祉との連携は、本人のその後の生活を支えるうえで重要な支援になると言えます。

日常生活を支える福祉サービスや生活支援

(1)自立訓練

視覚・聴覚の残存機能の活用や代替手段の獲得のためのリハビリテーションとして、盲ろう者や視覚障害者の支援機関等により、各種の訓練が実施されています。

(1)コミュニケーション訓練点字の読み書き、触手話・指点字等のコミュニケーション方法等を学びます。
(2)IT訓練拡大読書器やパソコンによる情報入手の方法を学びます。パソコンでは、文字を拡大する機能や、点字ディスプレイを利用したパソコンの使い方などを習得します。
(3)歩行訓練白杖の操作方法、階段の上り下り、電車やバスの利用方法など、安全に安心して外出するために、単独歩行の技術を学びます。
(4)身辺管理・家事管理訓練日々の生活を送るうえで必要な動作をスムーズにするための訓練です。「電子レンジや便利グッズを活用した調理」、「ルーペを活用した賞味期限などの確認」、「お札や硬貨の識別・仕分け」など、内容はさまざまです。

※事業所により、提供している訓練内容に違いがあります。

(2)補装具・日常生活用具

1)補装具

① 白杖歩く先の安全を確かめる杖。路上の障害物を認識しやすくなるとともに、周囲の人が存在に気づいて道をあけ、人通りの多い場所でも歩きやすくなります。携帯性に優れた折りたたみ式の白杖もあります。
② 眼鏡・ルーペまぶしさの原因となる光だけをカットする遮光眼鏡や、ライト付きで見たいものを明るく照らしながら見ることができるルーペなどがあります。
※ルーペが補装具として認められるかは市区町村によって異なります。
③ 補聴器身につけることによって、失われた聴覚機能を補います。補聴器にはさまざまな機能・形状があり、購入にあたっては、耳鼻科医や言語聴覚士、認定補聴器店の補聴器技能者などに相談して決めるのがいいでしょう。

2)日常生活用具

① 盲人用時計短針と長針を触って時刻を確認します。振動により時刻を知らせる時計もあります。
② 拡大読書器 読みたい部分を拡大するとともに、色を反転させる機能もあります。据え置き型のほか、携帯できるタイプがあります。
③ 点字盤・点字タイプライター点字を打つ際に使用する点字盤と、より効率的に点字を打つためのタイプライターがあります。
タイプライターのうち、ブリスタというドイツ製の速記用点字タイプライターは、点字の触読が可能な全盲ろう者とのコミュニケーションの際にも用いられます。
④ 点字ディスプレイパソコンに接続し、テキストデータを点字で表示する機器です。文書の処理のほか、電子メールやWeb サイトの閲覧などにも利用可能です。
⑤ 電磁調理器ガスや火を使わず、電力だけで作動するため、視覚の活用が難しくても安全に調理をすることが可能です。
⑥ 屋内信号装置来客時のチャイム音、電話やファックスの着信音、乳幼児の泣き声、時計のアラームなどを、振動で知らせます。

(3)人的支援サービス

1)訪問系サービス

① 盲ろう者向け通訳・介助員派遣

視覚聴覚二重障害者を対象として、移動やコミュニケーション、情報入手のための支援を提供する通訳・介助員を派遣する制度です。

通院や診察、役所での手続き、買い物や余暇活動など、様々な場面に通訳・介助員が同行し、移動の介助をするとともに、コミュニケーション方法に合わせた通訳や視覚的情報を提供します。

自治体(都道府県・政令指定都市・中核市)により利用できる時間数が異なります。年間100 時間から1000 時間程度までばらつきがありますが、全国平均は年間200 時間程度です。

② 同行援護

視覚障害者を対象とした、移動や情報入手のための支援を提供する同行援護従業者を派遣する制度です。

2018年4月より、盲ろう者に対するコミュニケーション支援もサービス内容に加えられ、盲ろう者も円滑に利用しやすくなります。

市町村単位で実施され、本人のニーズや在住地域により、差はありますが、月50 時間ほどの利用が可能とされています。

③ ホームヘルプ(居宅介護・訪問介護)自宅での身体介護(入浴・排泄・移乗など)や生活援助(調理・掃除・洗濯など)、生活全般についての支援を提供します。
④ 居宅訪問型児童発達支援児童発達支援や放課後等デイサービスといった児童通所施設・事業所への通所が困難な重度の障害児に対し、自宅に訪問し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、生活能力の向上のために必要な訓練等を提供します。

2)通所系サービス

① 生活介護日中、施設において、創作的活動や生産活動の場を設けつつ、必要に応じて、入浴や排泄、食事などの介護を行います。
② 就労継続支援・就労移行支援日中、障害の状況や本人の希望、就労の可能性などに応じて、就労のために必要な訓練や求職活動についての支援、生産活動などの機会を提供します。
③ 児童発達支援就学前の障害児に対し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等を提供します。
④ 放課後等デイサービス学齢期の障害児に対し、授業の終了後又は休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進等を提供します。

福祉サービスの窓口

(1)市町村の障害福祉課

自立訓練や補装具・日常生活用具の費用の給付、通訳・介助員派遣事業を除く人的支援サービスは、市町村の障害福祉課が窓口になります。

これらのサービスの利用についての意向を相談した後、「相談支援事業所」で本人の意向やサービスの内容や時間数の計画を立てていくことになります。

(2)通訳・介助員派遣事業 派遣事務所

訪問系の人的支援サービスのうち、視覚聴覚二重障害者に最も活用されているのが「盲ろう者向け通訳・介助員派遣」です。

この事業は都道府県の委託を受け、盲ろう者団体、聴覚障害者団体等が設置している「派遣事務所」が運営しています。「盲ろう者向け通訳・介助員派遣」の利用申込については、派遣事務所が窓口になります。

(3)地域盲ろう者団体

地域盲ろう者団体は現在、46都道府県に存在しています。

その中には、通訳・介助員派遣事業や同行援護事業などを運営・実施するとともに、盲ろう者に対する生活訓練や通所系サービスを実施している団体もあります。

また、多くは盲ろう者を対象とした交流会を開催しており、同じ障害を持つ「仲間」と出会う機会にもなっています。

視覚聴覚二重障害のある方が利用できる福祉サービス

(1)身体障害者手帳

多くの障害福祉サービスは、障害者手帳を所持するかたを対象としています。

身体障害者手帳を取得するには、身体障害者福祉法に定められた障害程度等級に該当する必要があります。診断する資格のある医師に診断を受け、都道府県知事、指定都市市長又は中核市市長から交付を受けます。

身体障害者手帳の制度では、視覚聴覚二重障害(盲ろう)という障害名はありません。視覚障害、聴覚障害それぞれについて診断を受けることになります。

(2)障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス

障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスには、個々の障害のある人々の障害程度や勘案すべき事項(社会活動や介護者、居住等の状況)をふまえ個別に支給決定が行われる「介護給付」や「訓練等給付」と、市町村の創意工夫により利用者の方々の状況に応じて柔軟に実施できる「地域生活支援事業」があります。「地域生活支援事業」の中には、盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業も含まれています。

このほか、心身の障害を除去・軽減するための医療費の自己負担額を軽減する「自立支援医療制度」や、補装具を購入・修理するときの費用の支給を受ける「補装具費支給制度」があります。

サービスの対象者や内容は、自治体により異なることがあります。お住まいの市区町村の障害福祉担当部署が、相談や申請の窓口となります。

参考

関連団体

(1)全国団体

(2)各地の盲ろう者友の会(盲ろう当事者団体)

北海道地区

  • 札幌盲ろう者福祉協会

    011-611-2622

東北地区

  • 岩手盲ろう者友の会

    090-6781-5054

    019-606-1747

  • みやぎ盲ろう児・者友の会

    http://miyagi-db.com/

    022-262-1383

  • 秋田盲ろう者友の会

    018-866-2565

  • 山形県盲ろう者友の会

    0235-66-2909

  • 福島盲ろう者友の会

    http://fumokuro.webnode.jp/

    024-522-5771

関東地区

北陸・甲信越地区

  • 新潟盲ろう者友の会

    0254-24-8312(今田)

    025-383-6550(佐伯)

  • 富山盲ろう者友の会

    http://www.toyamadb.com/

    076-441-7331

    076-441-7305

  • 石川盲ろう者友の会

    076-232-5205

    076-232-5206

  • 福井盲ろう者友の会

    0778-62-1234

    0778-62-0890

  • 山梨盲ろう友の会

    055-269-6694

    055-269-6695

  • 長野県盲ろう者友の会

    0263-36-0365

    0263-39-1540

  • ながの盲ろう者りんごの会

    026-274-3477

東海地区

関西地区

  • NPO 法人しが盲ろう者友の会

    0748-31-2522

    0748-31-2523

  • 京都盲ろう者ほほえみの会

    075-462-1008

  • NPO 法人大阪盲ろう者友の会
    (10時~15 時、休所日:土・日・祝日)

    http://oosakadb.la.coocan.jp

    06-6576-1200

    06-6576-1201

  • NPO 法人兵庫盲ろう者友の会

    http://hyogo-db.com/

    078-341-8822

  • 奈良盲ろう者友の会「やまとの輪」

    0743-73-0629

  • NPO 法人和歌山盲ろう者友の会

    http://jimotoryoku.jp/morosya/

    073-498-7756

中国地区

  • 鳥取盲ろう者友の会

    https://tottori-db.com/

    0859-30-3830

    0859-21-1537

  • しまね盲ろう者友の会

    0852-24-9948

    0852-24-7337

  • 岡山盲ろう者友の会(月・水・金の午前)

    086-227-5004

  • 広島盲ろう者友の会

    082-253-5469

  • 山口盲ろう者友の会

    http://ww5.tiki.ne.jp/~rabbit-tk/

    083-924-6397

四国地区

九州地区

  • 福岡盲ろう者友の会

    092-327-4533

  • 佐賀盲ろう者友の会

    0952-22-1510

  • 長崎盲ろう者友の会“あかり”

    095-847-2681

    095-847-2572

  • 熊本盲ろう者夢の会

    096-387-4944

  • 大分盲ろう者友の会

    097-568-8793

  • 宮崎県盲ろう者友の会

    090-2505-5547

    0985-20-0655

  • NPO 法人鹿児島県盲ろう者友の会 いぶき

    099-203-0258

沖縄地区

  • 沖縄盲ろう者友の会

    090-2505-5547(宮里)

    098-993-7622(事務局)

(3)各地の関連施設

  • NPO 法人視聴覚二重障害者福祉センター すまいる
    (主な活動:作業所、各種相談等)

    http://db-smile.jp/

    06-6776-2000

    06-6776-2012

  • 広島ろう重複障害者 アイラブ作業所
    (主な活動:作業所)

    http://hirochoufuku.jp/work/

    082-248-0336

    082-236-1144

  • 生活介護事務所 手と手とハウス

    06-6576-1200

    06-6576-1201

  • 地域活動支援センター やまもも

    088-635-5093

    088-635-5096

  • 地域活動支援センター 夢ふうせん

    http://hyogo-db.com/

    078-341-8822

  • 地域作業所 わくわくわーく

    http://wakuwakuwa-ku.life.coocan.jp/

    045-313-1134

  • 認定NPO 法人東京都盲ろう者支援センター
    (主な活動:相談、訓練等)

    http://www.tokyo-db.or.jp/

    03-3864-7003

    03-3864-7004

  • 鳥取県盲ろう者支援センター
    (主な活動:相談等)

    https://tottori-db.com/

    0859-30-3830

    0859-21-1537

  • 社会福祉法人光道園
    (主な活動:入所、作業所等)

    https://www.kodoen.or.jp/

    0778-62-1234(代)

    0778-62-0890

ホーム > 患者・医療者に役立つ医療関連情報 > 診療マニュアル > 福祉・生活支援