視覚聴覚二重障害の医療

厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)
日本医療研究開発機構(AMED)(難治性疾患実用化研究事業)

厚生労働科学研究費補助金
(難治性疾患政策研究事業)
日本医療研究開発機構(AMED)
(難治性疾患実用化研究事業)
視覚聴覚二重障害の医療

先天性および若年性の視覚聴覚二重障害の原因となる難病の診療マニュアル(第1版)

アクセンフェルト・リーガー症候群

疫学

アクセンフェルト・リーガー症候群は、常染色体優生遺伝形式による遺伝性前眼部形成異常をきたす疾患で、しばしば2次性の緑内障を引き起こします。全身的には歯牙欠損、軽度の頭蓋顔面形成異常、臍周囲の余剰皮膚などを認めます。3つのタイプに分けられており、1型が典型的な眼病変と全身症状を認めるもので、歯牙異常や顔面形成異常も含まれます。2型は部分性無歯症、小歯症、早期歯牙脱落を認め、3型は歯牙や顔面異常は少ないものの、感音難聴や循環器異常を伴います。50,000~100,000出生あたり1人といわれ1)、比較的稀な疾患です。

原因

アクセンフェルト・リーガー症候群とは常染色体優性遺伝の先天的隅角形成異常であり、約半数の患者で発達期に高眼圧症、緑内障を発症します。患者の50%程度にPITX2遺伝子、あるいはFOXC1遺伝子の異常が見られます2)、3)。眼球の硬さ(眼圧)は常に一定の値(10~20mmHg)に保たれていますが、その眼圧が異常な高値を示す状態を高眼圧と呼びます。高眼圧が長期間持続すると、視神経が障害されて視野が狭くなる状態である緑内障に至ります。眼圧を調整しているのは角膜周辺部に存在する「隅角」と言う組織であり、眼内を循環する水(房水)は隅角を通して眼外の静脈へと流出します。アクセンフェルト・リーガー症候群では、前方偏位した虹彩が隅角に癒着することで房水の流出障害が生じ、眼圧調整が困難になります。

視覚障害の自然歴

高眼圧症のみでは通常は自覚症状を伴いません。緑内障が進行して視神経が障害されると視野障害を伴います。視野障害が中心に及ぶ場合には、視力障害が生じます。眼圧を薬物治療、手術治療によって正常化することで、視神経障害の進行を防止することができます。

聴覚障害の自然歴

本疾患の3型には難聴を伴うことがあり、特に重度の緑内障に合併した場合は、視聴覚二重障害となることがあります。難聴は感音難聴であり、頭蓋顔面形成異常との関連は明らかではありません4)、5)。6p25-p24欠失を伴う成人症例で、遅発性かつ進行性の感音難聴を認めたとする報告もあります6)が、症例数も少ないことから、聴覚障害の自然歴についての詳細は不明な点が多いです。

眼科診療の注意点

緑内障の発症時期は小児期、若年期から成人期まで様々ですが、視野異常が進行しない限り症状を自覚することはありません。このため患者の虹彩や瞳孔の形態に異常が認められたら隅角検査、眼圧検査を含めた詳細な眼科的検査をする必要があります。また本疾患はときに難聴、下垂体異常、心臓疾患、歯を含む顔面骨形成異常が見られることがありますが、特に特徴的な矮小歯(歯がとくに小さいこと)が診断の補助となることがあります。

耳鼻咽喉科診療の注意点

聴覚障害を合併すれば視聴覚二重障害となるため、注意が必要です。気道管理が難しい症例がある7)ことにも注意が必要です。

その他の障害、疾患の診療の注意点

潜在的な下垂体機能低下8)にも注意が必要であり、特に手術を行う際の術前評価は慎重に行う必要があります。

文献

  • 1) Seifi M, Walter MA: Axenfeld-Rieger syndrome. Clin Genet 2018;93:1123-1130.
  • 2) Chang TC, Summers CG, Schimmenti LA, et al:Axenfeld-Rieger syndrome: new perspectives. Br J Ophthalmol 2012;96:318-322.
  • 3) Zhang L, Peng Y, Ouyang P, et al: A novel frameshift mutation in the PITX2 gene in a family with Axenfeld-Rieger syndrome using targeted exome sequencing. BMC medical genetics 2019;20:105.
  • 4) Cunningham ET Jr, Eliott D, Miller NR, et al: Familial Axenfeld-Rieger anomaly, atrial septal defect, and sensorineural hearing loss: a possible new genetic syndrome. Arch Ophthalmol 1998;116(1):78-82.
  • 5) Grosso S, Farnetani MA, Berardi R, et al: Familial Axenfeld-Rieger anomaly, cardiac malformations, and sensorineural hearing loss: a provisionally unique genetic syndrome? Am J Med Genet 2002;111(2):182-186.
  • 6) Caluseriu O, Mirza G, Ragoussis J, et al: Schizophrenia in an adult with 6p25 deletion syndrome. Am J Med Genet A 2006;140(11):1208-1213.
  • 7) Asai T, Matsumoto H, Shingu K: Difficult airway management in a baby with Axenfeld-Rieger syndrome. Paediatr Anaesth 1998;8(5):444.
  • 8) Meyer-Marcotty P, Weisschuh N, Dressler p, et al: Morphology of the sella turcica in Axenfeld-Rieger syndrome with PITX2 mutation. J Oral Pathol Med 2008;37(8):504-510.

ホーム > 患者・医療者に役立つ医療関連情報 > 診療マニュアル > アクセンフェルト・リーガー症候群

ページ先頭へ